スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
ブログランキング参加しています♪
クリックご協力ください

[37]DeepCool Gamer Storm

【PCパーツ長者】
新星誕生?GamerStormれびゅー


本レビューはPCパーツ長者体験レビューです。
商品を提供してくださった㈱ベンチャーパブリック 様 ならびに 株式会社サードウェーブ(ドスパラ)様 の関係者にこの場を借りて感謝致します。




【動画】
coneco.net
PCパーツ長者DeepCool GamerStormれびゅー






あの今回はもうテロップ打つのがめんどい、ただそれだけの理由で勝手に語っております。
ただの厨が喋ってるなーでとどめておいてくださいw
それとグダグダやってるうちに非常に長い動画となってしまいました(´・ω・`)



ではレビューに移って行きたいと思います。
○長者に応募した経緯
現在使用しているContac29のファンがいまいち静音にかけていて、PWMが利いてない模様
Contac29とどのぐらいの温度差が出てくるのか
Contac29はAMD環境において上下方向にしかできない(リテールクーラー方式を採用しているため)

○パッケージ
最初着弾したときは、これ本当CPUクーラー??と思わせるほど大きかったです。
CWCH-50と似た雰囲気です。

またあけてみてビックリ
なんと豪華な中身…
ファンとヒートシンクが別々になっていました。
なかなかギミックが多いパッケージです・w・


○対応ソケット
Intel LGA775
LGA1156
LGA1366  TDP150Wまで対応
AMD Socket 754
Socket 939(この3つはドスパラのみに記載有)
Socket 940
AM2
AM2+
AM3 TDP140Wまで対応
現行のソケットにはほぼ対応してるといえますね
幅広く使うことができます。


○ヒートパイプ
ヒートパイプはφ6mm6本となっております
CPU設置面はおそらく銅製かと思います。


○付属品
一応動画にもレビューしましたが、ここにも書いておきます。
■ヒートシンク本体
■ファン
■ファン取り付け用金具
■LGA775 バックプレート
■LGA1156 バックプレート
■LGA1366取り付け用ネジ
■Intelリテンションプレート
■AMDバックプレート
■AMD リテンションプレート
■絶縁ワッシャー
■グリス
■12V→7V変換用ケーブル
■4pin⇔ペリフェラル4pin変換ケーブル
■4pin→4pin
→3pin用ケーブル(デュアルファン用)
■バックプレート取付用ネジ
■リテンション取付用ネジ



○スペック
サイズ:134×98×158mm
ファンサイズ:120×120×25mm
重量:1189g
ファン回転数:500±200~1500±10%RPM
風量:66.3CFM
騒音:17.6~27.6dB
サイドフロー方式
デュアルファン搭載可能


○ヒートシンク部について
フィンの間隔は意外と広く(動画参照)、5mmほどあいております。
Contac29と比べるとかなり広く感じました。
最上部のフィンに関しては、鏡面加工が施されているようです(動画参照)。
またCPU設置面に関しても、フィン最上部にはかないませんが、少し鏡面加工が施されているようです。
フィンの数は48枚
アルミニウム製



○取り付け方法
基本IntelもAMDもバックプレート方式です。
しかしIntel LGA1366のみネジで取り付けるようになってます。
 バックプレートは存在しません。
AMD環境の場合はM/Bについているリテンションをはずさなければならないので、メーカーの保証がなくなってしまう点に注意が必要です。
また説明書にはグリスを塗るときに、ヘラを使用していますが、このGamer Stormには付属してないので注意する必要があります。
AMD環境では上下方向での設置はできず、左右方向のみの設置となります。


○ファンについて
おそらくこのCPUクーラー最大の特徴かもしれません。
実は動画では「特徴無い」とほざいていた私ですが、このファンにはさまざまな工夫点がありました。

まずはファンの取り付けについて
┗ファンの取り付けについては金属の細長い棒で取り付けるようになっています。
最上部のフィンにはそれをひっかけるところが存在していないので、最上部より1つ下のフィンに取り付けるようになります。
取扱説明書にもファンの取り付け方は記載されていますが、何より、英語と中国語のみの説明なので画像2枚だけだとさっぱりわかりません。


このファン、一見色が青のみ…という特徴しか見当たりません
が!実はこのファン、いつもならプラスチックである周りの部分が、ゴムのような柔らかい素材でできています。
つまり騒音を抑えてくれるだけではなく、共振なども防いでくれる効果があるのです!


またファン自体の騒音もかなりおさえられていて(動画参照)、フル回転させてもノイズと感じることもありません(うちのPCが爆音なだけかw)。
驚くほど静かでした。



○干渉
続きましては干渉について視点を当てて行きたいと思います。
s-DSC03603.jpg

メモリはこの位置が限界でしょうか
一番左までは干渉なくできますが、取り付けの際非常に面倒です。

s-DSC03604.jpg

NB,SB周りも大丈夫ですね
まったく干渉はありませんでした

しかしこの部分でCPUクーラーのネジを取り付けるのが難しくなりました。
はずすわけにも行かないので少しやりづらいです。


s-DSC03611.jpg

KUROKOのケースとも干渉は見られませんでした。
とはいってもだいぶギリギリw
突起物があるとケースご開帳フラグでしたw

Contac29もなかなかでかいですが、こちらのほうがもっとでかいです。
なので小さいケースでは気をつけたほうがいいかもしれません。

s-DSC03607.jpg

んで一番問題だったのがここ・・・
本体がでかすぎて、身近なドライバーではネジを取り付けるのが厳しいと思います。

自分は倉庫から長いのを持ってきてネジをつけました・w・


s-DSC03606.jpg


んで元々この部分に14cm付属ファンがあったのですが、作業がしづらかったのではずしました。
また騒音と共振が激しく、非常にうるさかったのではずしました。




○温度
では最重要部に入って行きたいと思います。

比較対象は
DeepCool GamerStorm(本製品)
Thermaltake Contac29



PCスペック
CPU:Phenom II ×4 965 BlackEdition
CPU cooler:DeepCool Gamer Storm
MotherBoard:ASUS M4A785TD-V EVO
VGA:Sapphire Radeon HD5750 512MB
Memory:UMAX Cetus DCDDR3-4GB-1333
HDD:Caviar SE16 WD5000AAKS V1A0 (500GB)
Power:AQTIS AP-550GTX/P (550W)
Case:Valuewave KUROKO
DVD:LG GH24NS50 BL
Display:LG W2253V-PF (21.5インチ ワイド)
OS:Windows7 HomePremium 64bit



今回使用したソフトは

OCCT
CPU-Z
Core Temp
タスクマネージャー
AMD Over Drive
TurboV EVO


です

OCCTは
前半アイドル1分
負荷10分
後半アイドル4分
といった流れです。


このM4A785TD-V EVOなんですが、BIOS上から電圧を弄ることはできなさそうなので、今回はオーバークロックユーティリティの
AMD Over Drive
TurbeV EVO
に任せました。


今回のOC運動会(笑)の設定は

クロック:3.8GHz
電圧:1.4875V
省電力機能OFF
といった設定で行いました。
本当は3.9GHz以上にすると不安定になるだけ…


使用グリスはContac29付属グリスです。


では勝手に運動会開始しますw



ではまずThurmaltake Contac29の温度


s-3800mhz_20100703000709.jpg

Contac29CPU1.png

Contac29CPU2.png


Contac29CPU3.png

Contac29CPU4.png



アイドル時   43℃
高負荷時     61℃






続きまして
DeepCool Gamer Sotrm

s-gamer3800mhz_20100703000708.jpg
 

GamerStormCPU1.png

GamerStormCPU2.png

GamerStormCPU3.png

GamerStormCPU4.png


アイドル時    42℃
高負荷時      59℃






以上のようになりました。
Contac29とさほど大差ないようですが、やはりノイズの面に関してはGamer Stormが上手です。
負荷中の急激な温度変化は多分、時間が入れ替わるときにおきたのだと思います。
なので少し数値が変わってしまいましたが特に問題ないと思います。


Gamer Stormを搭載する際、少しファンの配置を換えたりしましたが、おそらく影響は無いと思いますが、一応記しておきます。


後少し余裕が持てたので、3.9GHzにまでOCしてみましたw


3900MHzCPU1.png



しかし、負荷をかけているとどうも途中で3.8GHzになってしまうようです(´・ω・`)
なのであまり詳しいデータが取れてません┐(´ー`)┌
てことで画像は1枚のみ

この辺につきましては現在、調べ中です。


○まとめ
今回のDeepCool GamerStormですが、今現在ドスパラでしか販売は確認されておりません。
まだ希少価値が高いというかなんでしょうかね。
しかし実売価格は5000円未満。Contac29と比べても絶対的な差がありません。
ごくごく一般的なCPUクーラーと伺えます。
しかしリテールクーラーよりは絶対的な性能の差を得られると思います。
それにこの静音は他に類を見ないほどです。

しかし、取説やパッケージはほぼ英語、中国語表記ということで、国産とはいえないですね
そこが少し不安な面もあります。

今後のDeepCoolに期待ですね・w・v



1ヵ月後はサンドウィッチ状態にて検証を進めてまいりたいと思います。












coneco.net
【PCパーツ長者】新星誕生?GamerStormれびゅー




あ、後一応Contac29も完成したからよ
載せておく
【Contac29】ダイレクトコンタクトデザインクーラー★



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

↑クリックお願いします><↑
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
ブログランキング参加しています♪
クリックご協力ください

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっとインパクト薄いですね。。

可もなく不可もなくって感じですか。。

Re: タイトルなし

> Hide-Rocket さん
コメントありがとうございます・w・ノ

>ちょっとインパクト薄いですね。。
ですねー至ってふつーなCPUクーラーです
本当特筆すべき点はファンぐらいです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

レビューお疲れ様でした。
定格使用前提でリテールから変えたいって場合はアリでしょうが…

Re: タイトルなし

> りくんちゅ。パパさん
訪問&コメントありです・w・

確かにリテールからの効果は絶大ですねー
でも普通のCPUクーラーから変えても静音だけでは効果ありですかね
冷却はうーんですけどw

レビューお疲れ様でした~

レビューお疲れ様でした。
動画の方、チェックさせていただきました<●><●>
内容よりも、イケメンボイスに神経が傾いてしまったのですが、
詳細なレビューで見ていて楽しかったです。

ファーストインプレッションが大きかったですのですが、
至って庶民派なCPUクーラーのようでw
ですが、ファンは一味変わっていて、面白ですね~
ヒートシンクの黒光りはカッコいいですし(・∀・)
リテールに不満+静音も捨てがたいという方にはいいかもですね。

Re: レビューお疲れ様でした~

> りんかい さん
い、イケメンボイスなんて…///
庶民でも高いかなーと思いますwww

このファンは同じDeepCool製のファンを用いているようで、冷却性能のあるクーラー+そのファンで静音+冷却も維持できますよー・w・b
でもサンドイッチにしたら意味がないというwwwww

黒光りというよりかは、鏡面加工がしてあって多分モニターかケースが映っちゃったのかも…
ち、違うかもしれないwww///
なかなかお気に入りですww

現在はXLF-F1253でサンドイッチでイケメン状態ですw
プロフィール

-Stea1th

Author:-Stea1th
-SuddenAttack-
Name…-Stea1th
階級…大尉3
kd…50
Clan…

MainWeapon…AK,TRG
SubWeapon…D.Eagle
Knife…Axe,Gurkha

自作PCランキング参加中!
クリックされることによってStea1thの頑張り度合いが変わります
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村 1日1回クリックお願いします
かうんたー
リンク
conecoレビュー
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新記事
リンク先更新情報

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

skype
カテゴリ
検索フォーム
coneco.net
-PC SPEC-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。