スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
ブログランキング参加しています♪
クリックご協力ください

[57]俺的!自作pc組み方

どもStea1thです


ようやくテストが終わりホッとしていますが、テストが帰ってきて点数に驚愕...

とまぁ暗い話は置いといて
今回は、リアルのほうで1人、自作入門者が現れたので、
それに先駆けて


自作PC組み方講座

を開催してみたいと思います




ということで画像も多くなるので追記から
ではさくさくっと行きます


自作pcに最低限必要なもの
CPU

メモリ

MB(マザーボード、メインボードなどと呼ばれる)

HDD

VGA(グラフィックボードorグラフィックカードorビデオカードなどと呼ばれる。もしMBにオンボードグラフィック機能がついているなら必須ではない)

電源

ケース

その他、OS,モニタ、マウス、キーボード
といったところでしょうか


推奨されるパーツ
VGA(先ほども書きましたが、MBにオンボードグラフィックがない場合は必須です。またよりよい描画性能を求めたり、ゲームをしたりするなら必須になってきます。)

サウンドカード(最近はほぼすべてのMBにオンボードサウンド機能がついています。ですので必須ではありません。しかし、よりよい音を求める際、必要になります。1500円ぐらいから買えるのもあれば2~3万近くするのもあ
ります。)

DVDスーパーマルチドライブ(OSのインストールなどをCDディスクより行う場合は必須になってきます。USBなどで行う場合は必要ないです。)

ケースファン(こちらは、ケースに付属しているファンがうるさい、もしくはどうしても冷却が足りない場合に使用します。だいたいは追加購入する必要はありませんが、ハイエンドになってくるにつれて必要不可欠になってきます。)


CPUクーラー(こちらはほとんどCPUを買えば一緒についてきます(リテールクーラー)。しかし冷却性能は悪く、高負荷状態になるとすぐにファンのノイズが聞こえてきます。ですのでpcの静音化をめざしたり、CPUの冷却が追いつかなくなってくると必要になってきます。また水冷もありますが、初めて自作組んだりするなら空冷のほうがよさげでしょう)





まずは

s-DSC03983.jpg


こちらのMB付属のバックパネルを用意します
これはMBによって形が変わるのでMBに付属しています


これをケースに取り付けていきます


s-DSC03984.jpg


取り付けるのはここ
っていってもわからないww
ケースの裏側から見てあげるとこのように長方形のところがあります

もしかしたらすでに取り付けられているかもしれませんが、
それを外側から内側にはずして、内側からバックパネルを取り付けます


s-DSC03985.jpg


そしてケースにスペーサーを取り付けます
またスペーサーを取り付ける前に絶縁ワッシャーも取り付けてください

ケースまたはケースの説明書に、どの位置にスペーサーを取り付ければいいか書いてあると思います
また、一応ペンチとかできつく固定させたほうがよろしいでしょう



スペーサーとは
MBをケースに取り付けるための道具で、これがないとMBの故障の原因になります。


ケースの下準備はここまで

続いてはMB、マザーボードにうつっていきます

s-DSC03988.jpg


これがMBです
ピンボケサーセン


ではまずCPUを乗っけていきます




最初はこうなっています



s-DSC03990.jpg



s-DSC03989.jpg

まずこの金属のバーを上に上げます



s-DSC03992.jpg
 

そしてCPU登場です
グリスこびりつき放題


CPUとは
パソコンの脳みたいなものです。一番肝心です
その分発熱もすごいです

s-DSC03993.jpg

ちなみに裏はピンが何百本もあります
これを折ったりしてしまうとアウトです
新しいのを買う必要があります




取り付けるときにグリスは不要です。また後で説明します
そしてこのCPUを

s-DSC03995.jpg


ソケットの穴には一部ピンがささらないところがあります。
同様にCPUにピンのない場所もあります
そこをあわせるとしっかりとはまります


そして金属バーをおろして固定完了!


ちなみに動画にしました
こっちのほうがわかりやすいかな





まぁこんな感じです



では次にCPUクーラーをのせていきます


画像を取り忘れました
サーセン

ですが、CPUクーラーは社外品のものも多く付属クーラーでは冷却が追いつかなく、ファンが爆音になったりします
なのでいろんなCPUクーラーを使うと思います
ので、それぞれの説明書なりを読んで自分で取り付けてくだs・・・ry



後この取り付けの際にグリスを塗ってください
説明すると長くなるので、ぐぐったりやほったりしてみてください←




では次にメモリです

s-DSC03996.jpg

ピンボケ多いんでご容赦を
これがメモリです



メモリとは
いわゆる、デスク台といったところです。
いくら脳=CPUの性能がよくても、作業場所=メモリが小さければ、効率には仕事をこなすことができません。


雑談)メモリ最近安くなりすぎです
この機会なら4GBx2にしてもよさそうです

32bitOSを使用している方は注意してください
いろんな関係でメモリは約3.12GBまでしか使えません
メモリをフルに使いたいなら64bitOSをススメます


では装着させていきます

s-DSC03997.jpg



まずメモリスロットのラッチを押して、この状態にさせます



s-DSC03998.jpg



両方or片方(最近はなぜか扱いづらい片ラッチが多い;)のラッチを広げてから
メモリのくぼみと、スロットに同じような部分をあわせます

s-DSC03999.jpg


そしてこのように両端を均等な力で押さえます
※両手でやったほうが確実です
 撮影の都合上片手でしました





そうすると、


s-DSC04000.jpg


最後まで押し込めばラッチが勝手に閉じてくれます
これでメモリが装着できます

s-DSC04001.jpg

そして片方も同じようにします

※デュアルチャンネルというものがありますが、その配置はMBによってさまざまです
 これは青2つ、もしくは黒2つがデュアルチャンネル対応だったのでこのようにしました






s-DSC04002.jpg


すいませんCPUクーラーの画像ありました

これは社外品です
なので取り付け方は省きます

クーラーを取り付けたら・・・
s-DSC04003.jpg

クーラーについているファンの電源コネクタをMBにさします
ちなみにファンのコネクタが4pinでMBのコネクタも4pinであれば、MBから自動で回転数を制御してくれます(PMW制御といいます)




ではMBをケースに取り付けます

s-DSC04004.jpg


このようにバックパネルと、MBの端子?をあわせます


そして、先ほど取り付けたスペーサーと、MBのネジ穴をあわせます

s-DSC04005.jpg


そうしたらネジで取り付けていきます

このとき注意するのは

1,対角線にしめていくこと

2,1つのネジを全部しめて次も全部しめて・・・ではなく、1つのネジを半分ぐらいまでまわし、その対角線のネジもまた半分までまわし・・・とやっていくといいです
そして半分まわしたネジをまた同じ順番でまわしてしめていきます






s-DSC04006.jpg


これでケースにMBがつきました




では、次に電源です


s-DSC04007.jpg



こちらが電源
名前からも分かるとおり、すべてのパーツに電気を送ります



ではつけていきます

s-DSC04016.jpg

この位置に取り付けます

s-DSC04017.jpg


そしてネジをしめていきます
ケースのネジ穴と電源のネジ穴が一致するのでそこをしめます


また電源を裏返しにしてもちゃんとネジ穴ははまります

しかしエアフロー的な意味でおいしくないのでちょっと注意が必要です
今回はケースの下側に電源を置きましたが、上側におく場合もあります


 
では次にドライブベイの取り付け方
今回はDVDスーパーマルチを取り付けます


s-DSC04018_20101218021119.jpg

こちらはケース前面

メモリ、CPUクーラー等々見えますね
このフロントのメッシュカバーをはずします

ここらへんはケースによって差が出ます

s-DSC04019.jpg


そして前からDVDドライブをさしこみます
s-DSC04020.jpg

そしてこんな感じにネジ穴が合います

s-DSC04021.jpg

ここでネジを使うのもあれば、このようにケース付属の道具を使うのもあります

s-DSC04022.jpg

こんな感じにして固定終了

ほかにもファンコンなども取り付ける際はここです




続いてはおなじみ、HDD


s-DSC04023.jpg

正直言うとHDDもケースによって固定の仕方が変わります
説明書をよく読んでください


s-DSC04024.jpg


s-DSC04025.jpg


ちなみに我がケース「KUROKO」ではこのようにして取り付けます

さくっと飛ばします←



s-DSC04026.jpg


後ファンのコネクタはMBに数箇所、このようなものがついてます
ここに差し込めばおkです。一応逆につけられないようになってますので、無理にさしこまないでください




では次にMBに電源ケーブルをさしこんでいきます


s-DSC04027.jpg


これはこんな感じ・・・w
ATX24pinケーブルです
s-DSC04028.jpg


このようにさしこみます
ちなみに引っ掛けるところがあるので、そこまで差し込みます


s-DSC04029.jpg


次に12V4pinケーブル

s-DSC04030.jpg


さしこみやした




s-DSC04031.jpg


こちらはSATA電源ケーブル
主に、HDD,SSD,DVDドライブに使用します

 s-DSC04032.jpg


こーんなかんじに

s-DSC04034.jpg


そしてDVDドライブも同じように

すでにSATAケーブルも取り付けてしまいましたがこんな感じにします


s-DSC04036.jpg


次にSATAケーブルです

先ほど差し込んだのは、SATA電源ケーブル
こちらは

SATAケーブル
です。HDDのデータをMBに送らせます


s-DSC04037.jpg


SATAケーブルは一昔前のIDEケーブルのように逆向きにささることはないので楽です

DVDドライブも同じようにしましたね





では難関入ります




s-DSC04038.jpg

これはフロントパネルについている、USBやオーディオ端子を有効にさせるためのケーブル


これはMB下部につけますが、ASUSのMBには


s-DSC04039.jpg

こんなコネクタがついています

なのでこの文字にしたがってはめていけば問題ないです



ASUS以外は説明書参考にしてください
+-もあるので注意が必要です


s-DSC04040.jpg

ちなみにUSBケーブルはこれで穴があうのでこれを使用します


s-DSC04041.jpg


この青い端子のどれか(笑)


s-DSC04044.jpg


こんな感じにして


s-DSC04046.jpg




取り付け完了!!


そしてスイッチやらHDDランプも同じようにします


s-DSC04047.jpg


s-DSC04048.jpg


s-DSC04049.jpg



これで完成です

ほかにオーディオ等々ありますが、自分はバックパネルの部分にさすので、さしていません








ではグラフィックボード(以下VGA)をつけていきます


s-DSC04051.jpg


ここの銀色のブラケットカバーがネジ止めされているので、これをはずします


s-DSC04053.jpg

VGAをさす位置を考えて、今回は2スロット分あけます


s-DSC04054.jpg


そしてVGA取り付け




s-DSC04055.jpg


s-DSC04056.jpg


そしてここをネジ止めして固定完了です


s-DSC04057.jpg


こちら、VGA用の電源ケーブルです
今回は6pin×2を使用しますが、なかには


8pin+8pin+6pinとか
8pin+6pinとか
補助電源なしとかもあります



s-DSC04058.jpg



そして取り付けて完了



s-DSC04059.jpg


VGAとの干渉を防ぐため、さきほどのHDDとDVDドライブのSATAケーブル
MBに取り付けます
一応、MBにSATA1とかSATA2とか書いています


メインで使うHDD,もしくはSSDはSATA1(番号が一番若いもの)にしてください



こんな感じで終了



後は総仕上げです


s-DSC04061.jpg



今回は裏配線ができるケースでしたので、裏がカオスなことに

なのでできる限り整理させます


s-DSC04062.jpg

インシュロック等々使って・・・















汚い('A`)


裏は気にしなくていいです・・・そんな人間なので
サイドパネルしまったらおkです




表配線はここまで仕上がりました



s-DSC04065.jpg


s-DSC04066.jpg



サイドパネルをしめて完了です


















以上です
お疲れ様でした





分からない部分or大事な部分が抜けてる!とかありましたらコメントよろです


あーたかれたちかれた疲れた



でも楽しいのでヨシとしますww



ではお疲れ様でした




にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

クリックお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
ブログランキング参加しています♪
クリックご協力ください

コメントの投稿

非公開コメント

これはこれから作る人に役立ちますね

この前友達のPC組みましたが大変でしたよ~

質問攻めでww

学生だったんですね。

もう大人かと思っていました。

ちなみに私は中学生です。

Re: タイトルなし

Quetzalcoatl さん
コメントありです!

> これはこれから作る人に役立ちますね
>
> この前友達のPC組みましたが大変でしたよ~
>
> 質問攻めでww
ええ、自分で何度購入手続きをしてやったことかww
とりあいず家が遠いんでこの形で紹介してます
> 学生だったんですね。
>
> もう大人かと思っていました。
>
> ちなみに私は中学生です。
まだまだ厨房っぷり満載の高校生です('A`)
早く大学行って1人暮らししたいと思ってるStea1thです

わかっているはずなのに毎度バックI/Oパネルを忘れるりくんちゅ。パパでございます(汗)

非常に参考になる記事、お疲れ様&感謝です♪


絶縁ワッシャーはスペーサー下につけるんですね。マザボとネジの間かと思ってました。(^_^;)
ちなみに静電気を逃がすアース的な役割も含めて、全部つけるのではなく1つは「抜け」を作っておくのがよろしいらしいです。
…ボクは1つも着けてませんが(爆)

Re: タイトルなし

りくパパさんコメントありです!

> わかっているはずなのに毎度バックI/Oパネルを忘れるりくんちゅ。パパでございます(汗)
自分はメモリを忘れてたことがありますwwCPUクーラーがでかすぎて取り付けるのにメモリをはずさないとつけれないのでw
> 非常に参考になる記事、お疲れ様&感謝です♪
何か自分から目線になった感じで初自作の人にわかりにくいかなって感じでしたけど、まぁ・・・大丈夫でしょう←
>
> 絶縁ワッシャーはスペーサー下につけるんですね。マザボとネジの間かと思ってました。(^_^;)
> ちなみに静電気を逃がすアース的な役割も含めて、全部つけるのではなく1つは「抜け」を作っておくのがよろしいらしいです。
> …ボクは1つも着けてませんが(爆)
MBとネジの間ですかぁ・・・はめにくくないっすか?自分はもう先にかませてやってますw
っとぐぐってきたらどうやらMBとネジの間が正解っぽいですw後日訂正しますね

ほほうこれは参考になる
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/55074.html
これが近そうですね
また試してみたいと思います

えっと、ワッシャーなしはスルーな方向d・・・ry
プロフィール

-Stea1th

Author:-Stea1th
-SuddenAttack-
Name…-Stea1th
階級…大尉3
kd…50
Clan…

MainWeapon…AK,TRG
SubWeapon…D.Eagle
Knife…Axe,Gurkha

自作PCランキング参加中!
クリックされることによってStea1thの頑張り度合いが変わります
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村 1日1回クリックお願いします
かうんたー
リンク
conecoレビュー
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新記事
リンク先更新情報

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

skype
カテゴリ
検索フォーム
coneco.net
-PC SPEC-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。